NMR関連のデータ

要約

核磁気共鳴(かくじききょうめい、NMR、Nuclear Magnetic Resonance)とは、外部静磁場に置かれた原子核が固有の周波数の電磁波と相互作用する現象である。
有機化学の分野では、物質の分析、同定を行う上で最も重要な分析手法の一つである。

NMR.jpeg

理論

 ほとんどの原子核は角運動量とそれにともなう磁気モーメントを持っている。ある核の正確な共鳴周波数は、核の置かれた環境によって異なってくる。このまわりの環境による周波数の差を、化学シフトといい有機化合物の構造を決定する上で非常に重要である。


NMR関連データ



関連ページ


参考文献、関連書籍、おすすめな本

初学者向けの本


korenarawakarunmr.jpg
画像はアマゾンから

有機化学の研究になくてはならない存在となったNMR(核磁気共鳴)。はじめてNMRを使う人のために、できるだけ短時間にNMR法の基礎を理解し、研究の現場で使いこなせるよう解説する。

(アマゾンのレビューから引用)
NMRは有機化学を志す者にとって必須である。また、多くの参考書も存在するがその難解さのために敬遠しがちである。この書は高校の高学年から大学の初学年でも理解できる内容であり、数式は最小限にとどめられている。有機化学に限らず、科学を志す若手学生の一読をお勧めします!

中級者上級者向けの本


silverstein.jpg

質量分析法、赤外分光法、核磁気共鳴分光法が、いずれも有機化合物の同定に極めて有効な手段である。本書は、これらの方法を巧みに組合わせて、同定の手順に具体的にしかも簡潔に述べている。

(アマゾンのレビューから引用)
実験をして、データをとって、解析して同定する・・・。
データの解釈ができなきゃ実験しても意味が無い。
MS,IR,NMR のデータ集と分光法などの解説本です。

コメント欄

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2013-06-30 21:14:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード