溶媒の極性

溶媒の極性


solvent Solvophobic power dipolarity-polarisability hydrogen bond donating ability
hexane 0.0091 –0.08 0
perfluorohexane 0 –0.48 0
toluene 0 0.49 0
AcOEt 0.0635 0.55 0
acetone 0.1267 0.71 0.08
DMF 0.1384 0.88 0
CH3CN 0.2167 0.75 0.19
1,4-dioxane 0.0794 0.55 0
MeOH 0.1998 0.6 0.93
DMSO 0.2268 1 0
CH2Cl2 0 0.82 0.3
H2O 1 1.09 1.17
TFE 0.325 0.73 1.51
HFIP 0.28 0.65 1.96

関連ページ


引用文献、関連書籍、おすすめの本

resipi.jpg
(画像及び文章は、アマゾンから引用)
有機合成化学の分野で実際によく用いられる基本的かつ信頼性の高い反応とその標準的な実験方法(レシピ)を収載した実験書
“Modern Organic Synthesis in the Laboratory: A Collection of Standard Experimental Procedures”の翻訳版。

最初に習得すべきテクニック、最初に試すべき反応、情報の取捨選択のきっかけとなる代表的総説をコンパクトにまとめ、
研究を速やかに進めることができる有機化学者必携の一冊である。


yuukijikkennnavi.jpg
画像はアマゾンより
(アマゾンのレビューから引用)
実験を行ううえでもっとも重要な基礎的技術や知識についてまとめた入門書の第2版。普段何気なく行っている操作がなぜ必要なのか、どうして実験が失敗したのか、ということが詳述されており、実験を行っていてわからなかった点、あいまいな点が理解できる。実験に直結する知識とテクニック、研究生活に必須なノウハウをコンパクトにわかりやすく解説。初めて研究室に配属された学生はもちろん、経験をつんだ学生にも、より深い理解に役立つ一冊である。

コメント欄

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2013-06-20 20:53:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード