求核性

要約

求核性とは炭素原子への攻撃のしやすさである。

一般に求核性が高い試薬は、塩基性も高く、塩基性が高い試薬は求核性も高いという傾向がある。

これは、攻撃するものがプロトンと炭素原子という違いが有るだけでアタックのしやすさは変わらないためといえる。

求核性


作成予定です。


関連ページ


引用文献、関連書籍、おすすめの本



reactionmechanism.jpg

アマゾンから引用
この演習書は退屈な普通の大学専門課程の演習書とはちょっと違います。"有機反応機構"とタイトルにありますが、合成を専門とする人から反応を専門とする人、また有機化学に関連する分野を学ぶ人にとって非常に役に立つでしょう。何故なら、本演習書は単に電子の流れを学ぶのではなく、どのようにして分子が組み立てられるかを基本から学ぶことができるからです。求核剤と求電子剤の反応や電子環状反応、ラジカル反応、遷移金属の反応など、基本的な反応は全て網羅されています。学ぶことで有機分子の反応性のダイナミクスを知り、それは合成化学専門以外の人でも、「化合物の感覚」を机の上で体感することができるのです。その感覚は、例えば生化学や薬理学を学ぶ人でも必ず役に立つことでしょう。


コメント欄

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2013-06-02 10:46:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード