アミノ酸の略号

このページでは、アミノ酸3文字略号1文字略号分子量等電点についてまとめて一覧表として示しています。

アミノ酸の略号

生体のタンパク質の構成ユニットとなる「α-アミノ酸」に関するまとめです。

アミノ酸 3文字略号 1文字略号 分子量 等電点
アラニン Ala A 89.09 6.00
アルギニン Arg R 174.20 10.76
アスパラギン Asn N 132.12 5.41
アスパラギン酸 Asp D 133.10 2.77
システイン Cys C 121.16 5.05
グルタミン Gln Q 146.15 5.65
グルタミン酸 Glu E 147.13 3.22
グリシン Gly G 75.07 5.97
ヒスチジン His H 155.15 7.59
イソロイシン Ile I 131.17 6.05
ロイシン Leu L 131.17 5.98
リシン Lys K 146.19 9.75
メチオニン Met M 149.21 5.74
フェニルアラニン Phe F 165.19 5.48
プロリン Pro P 115.13 6.30
セリン Ser S 105.09 5.68
トレオニン Thr T 119.12 6.16
トリプトファン Trp W 204.23 5.89
チロシン Tyr Y 181.19 5.66
バリン Val V 117.15 5.96

関連ページ


参考文献、関連書籍、おすすめの本



aminosan.jpg
画像は、アマゾンから引用

本書は、最近のアミノ酸に関してもっと知りたいと思われる方々や栄養や薬学を専門とされる方々に対し、アミノ酸研究の歴史と最近のトピックスを知っていただくため、企業でアミノ酸の研究開発に携わる第一線の研究者を執筆陣として作成されました。アミノ酸とは何か、どのような特性があるのかについて、できるだけ正確な知識が得られるように工夫されています。



aminoacid.jpg
画像は、アマゾンから引用

内容紹介
地球上のすべての生命体は基本的に20種類のアミノ酸からできている。本書はこれら生命の基本物質の科学と化学、生合成と代謝、分析法や合成法などを一冊にまとめたバイブル的な書。毒と薬の宝庫である各種アルカロイドを、アミノ酸由来によって分類し、詳細に解説。美容、健康、栄養、食品、医薬品、高分子化学など、私たちの生活や産業と密接に関係するアミノ酸も詳しく説明。化学構造式や化学反応式、文献や参考図書が豊富で、製薬・食品関係の企業やバイオ・薬学などの研究室には必携。収録した図版の数は281点をかぞえる。

コメント欄

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2013-06-01 14:45:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード